我慢できずに105ペダルを分解・・・

自宅療養中で暇だったので、またまた悪い蟲が騒ぎ出し、気がつけば

     100均 と ホームセンター

で道具を調達していました・・・

下の工具のほかにも、ミニ先細ペンチに金網、ピンセットをゲット!

c0095900_14503730.jpg

105ペダルを分解するには専用工具が要ります。

シマノ TL-PD40 ロックブッシュ工具 約100円とメチャ安です。

ただこいつを回すには、36mmスパナか300mmモンキーレンチが要ります。
c0095900_14504236.jpg

ちなみに 右側 が 逆ネジ で 左側 が 正ネジ になってますので。
c0095900_1450475.jpg

玉押しは 10mm ロックナットは 7mm のスパナで外します。
c0095900_14505153.jpg

アクスル全パーツです。

本来なら灯油などで脱脂したいのですが、面倒くさいので大量のパーツクリーナーでキレイ

キレイして終り。
c0095900_14505640.jpg

そして今回も 

     マイクロロン の アッセンブリールブリカント 

を使用します!
c0095900_1451051.jpg

トレイの角を利用して、熱した後マイクロロンを絡めます。
c0095900_1451487.jpg

軸には錆び止めに薄く塗ります。

(デュラグリスでもよかったのですが、マイクロロンと混じるのが嫌だったで)
c0095900_1451734.jpg

分解した逆の順序で組んでいきます。
c0095900_14511360.jpg

ちょっと塗り過ぎたかな?
c0095900_14511854.jpg

組み上がったアクスルを本体にねじ込んだら終了です。

では、効果の程は動画でどうぞ!



まさに 劇的 とはこのことですね~!

正直、マイクロロンのおかげなのか、単なるグリスの粘度の違いだけなのかは分かりません

が、明らかにデュラペダルより回ってると思うので、やって正解でしたね!!

あとは、耐久性(グリスがいつまで残るか・・・)の問題だけですね。

ちなみに、ロードは雨の日に乗らない&洗車をほとんどしないという前提でやってます。

MTBは、洗車など水に濡れる機会が多いのでマイクロロンではなくもっと粘度の高いグリス

を使用しようと思ってます。

じゃないとすぐに洗車とかしたら流れてしまいそうなんで。。。

ちなみに、ベアリングボールは、3/32サイズが左右の合計で48個使用されてました。

セラミックボール(G3)に換装するなら 2,680円 でゲット出来ちゃいます。

まぁペダルのセラミック化は我慢します。。。
[PR]

by masato0225m | 2010-02-12 15:28 | 自転車部品